Skip to content
2017年3月6日 / misotukuri

小国以載VS岩佐亮祐の予想できない試合の早すぎる予想

今年のボクシング予想で最大の関心事は、正式に決まっているわけではないが、多分、井上尚弥VSローマン・ゴンサレスだろうが、その前に全く予想がつかない試合がある。
それは、これも正式に決まったわけではないが、ほぼ確実な小国以載VS岩佐亮祐の試合だ。
小国は、去年の大晦日、圧倒的不利の予想を覆し、当時のIBFスーパーバンタム級王者、KO率100%のジョナサン・グスマンに快勝して新王者になったばかり。
小国は、小差でも必ず勝つというタイプの努力型の王者で、一度、ボクシングが乱れている時に和氣慎吾にまさかのTKO負けした以外はすべて勝ってきている。
そして、とても敵わないだろうという下馬評の時には必ず相手からダウンを奪い判定で勝っている。
小国のこの勝負強さは、試合までに徹底的に相手を研究するようで、ここを狙えという穴を見つけて、それを突く練習を繰り返すところからくるものだろう。
グスマンに対する左ジャブと右ストレートの先制、そして狙いすました左アッパーのカウンターのボディ打ち。
KO率100%だったグスマンが和氣慎吾相手に見せた強引な攻めが全くできなくなり、貧打の小国にダウンまで奪われ、KO負け寸前に追い込まれ、完敗してしまった。
小国の恵まれた体躯と頭脳的な戦法は、岩佐にとっても大いなる脅威となるだろう。
問題は、岩佐をどれだけ研究してるかだ。
これに対し、岩佐は、誰もが認める天才型の実力者ではあるが、どことなく不運がつきまとう無冠の帝王的ボクサー。
岩佐は、先日V12を達成し今や絶頂期にいる山中慎介がまだ日本チャンピオンだった頃に無敗で挑んだが、10RTKOで敗れ、その後世界に羽ばたく山中を尻目に、長い雌伏の時を過ごした。
そして、ようやく掴んだIBFバンタム級暫定世界王座決定戦で、リー・ハスキンスにまさかの6RTKO負け。
そして、去年はIBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦でルイス・ロサ・ジュニアと戦う予定が、ロサの体重超過で試合が流れるという具合に、どうもここぞと言う時にうまく行かない。
しかし、山中に負けた時は、結果こそTKO負けだったが、ほぼ伯仲の試合で、山中の方がスリッピング・アウェーとか防御において一日の長があっただけと思った。
また、ハスキンスに負けた時も何か減量の失敗としか考えられないほど動きが悪く、決してあんなものじゃないと思った。
岩佐の欠点は、フォームのきれいな速球投手みたいで、迫力に欠けていることではないかな?
一発必倒のパンチを持っているのに、それを感じさせない。
だからこそ相手にしてみれば、逆に効くのかもしれないが、実力が拮抗していてペース争いをしなければならない時には、それが不利に働く。
そんな岩佐にとって最後のチャンスが、今回の指名挑戦者の権利を得ての小国以載との世界タイトルマッチだ。
小国以載VS岩佐亮祐は、努力型と天才型の戦いで、予想はホント難しい。
小国が負けるとしたら、研究不足とグスマンに勝ったことからくる慢心だろう。
岩佐が負けるとしたら、バンタム級から上がってきた岩佐と元々スーパーバンタム級で戦っている小国との体格差くらいしか考えられない。
岩佐のパンチがグスマンのパンチに耐えた小国に通用せず、ポイントを奪い合う展開になれば、岩佐には厳しいだろう。
やはり、岩佐の方が不利かな?
試合が正式に決まったら、もっと詳しい分析をしてみたい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。