Skip to content
2017年3月14日 / misotukuri

韓国はクーデターが起きるかもしれないね

 弾劾罷免された韓国の朴槿恵大統領をめぐる騒動。
 このどうしようもないダメな国民性にあきれかえるよ。
 お前ら、ホンマ、あほやな、と誰か言ってやれよと思う。
 自分らで選んだ歴代大統領のうち、まともに引退出来たのは一人もいない。
 https://matome.naver.jp/odai/2134502818611430401
 これは、2013年の記事だが、2016年11月に朴槿恵関係で更新されているが、ほとんどは李明博大統領時代に書かれた労作。
 確かに、次に誰が大統領になるにせよ、退任後のその人物の末路はほぼ決まっているとしか思えないな。
 問題は、こういう繰り返しを韓国国民は異常だと思わないのか?ということだ。
 異常と思わなければ、永遠に続くだろう。
 これって、ようするに共和制の失敗と言うことで、君主を持たない国家の民主制の難しさを見せられているということかな?
 どうしてこうなってしまったのかをつらつら考えていく内に、やはり日本が統治した責任というのが尾を引いているように思える。
 誰かそんなこと言ってたな。
 その時は、理解できなかったが。
 というのも、近現代の朝鮮半島の歴史を考えると、李氏朝鮮の統一王朝が大日本帝国に併合されたことにより消滅し、大東亜戦争で日本敗北の後は、朝鮮半島が南北で二分されたことにより、統一のレジティマシー(正統性)を主張できる者が南北いずれの側にもなくなってしまったと言えるのではないか?
 それでも、北朝鮮では共産主義とは名ばかりの新たに金王朝を打ち立てたようなものだが、南朝鮮では李氏王朝を復興せずに大統領制(共和制)を採ったため、地方によって支持政党が偏るという傾向が生まれ、各地方の権力志向の野合まがいの綱引きの中で、権力を握った者が期間限定でほぼ無制限の権力を握るようになった。
 つまり、北朝鮮では、権力と権威を一身に集めた金王朝だが、金一族のレジティマシーは南朝鮮には及ばず、南朝鮮では権力だけあって権威のない大統領制(共和制)の足の引っ張り合い。
 ようするに、朝鮮半島統一のレジティマシーはどちら側にも存在しないのだ。
 その点、日本は、最高権力者は内閣総理大臣だが、最高権威者は国民統合の象徴たる天皇という立憲君主制。
 安倍首相をアタマが悪いと嘲っても、今上天皇には同じことを思っていても言えない。
 それは、安倍さんは権力は持っているけど、権威は持っていないからだ。
 権威を持っている人にそんなことは言えない。
 君主制と共和制のどちらが良いのか一概には言えないが、少なくとも、共和制を採る以上は大統領に権威を認めなければ成り立たない。
 共和制の国民は、自ら選んだ大統領、たとえ辞めた後でも、その権威に服し、敬意を払う義務がある。
 それを理解しないと、韓国のようになる。
 韓国の大統領は、期間限定の単なる最高権力者に過ぎないのだ。
 北朝鮮情勢が厳しくなってきたこの時期に、韓国民は何をやっているのかと思う。
 韓国は、金正恩暗殺部隊を創設するらしいが、韓国が北朝鮮の挑発に乗って北進した時、在韓米軍がもし動かなかったらどうするか考えたことあるのだろうか?
 それよりも、次期大統領の最有力候補が親北派なのは、問題だ。
 これは、下手すると、軍部のクーデターが起きるよ。
 今、朝鮮半島有事になれば軍事独裁政権でなければどうしようもないだろう。
 或いは、内政は大統領に外交軍事は軍部にという一国二王制度(スパルタ方式)を採るか。
 いずれにせよ、韓国民の選ぶことだ。
 では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。