Skip to content
2017年8月12日 / misotukuri

愚か者と愚か者とが対立するとき何が起きるか?

 ちょうど「影武者 徳川家康」(隆慶一郎著)を読んでいるところだが、そのなかでまったく同じだなと思える話があった。
 それは徳川家康(もちろん替え玉)が、何とかして秀頼を助命しようと策を講じ続けるのだが、淀殿と二代将軍秀忠という二人の愚か者がその努力を空しくしてしまうというところだ。
 淀殿は女のプライドそして秀忠は劣等感のかたまりなのだが、秀忠は執念深く豊臣家の滅亡と用済みとなった替え玉の家康の始末を狙って淀殿を挑発し続ける。
 これって、軍事力を逆にすれば、淀殿=トランプ、秀忠=金正恩だな。
 共に共通点は、軍事的にバカということ。
 普通は、お互いに「やるぞ、やるぞ」と言っている時は、戦争は起きない。
 むしろ、ののしりあいを一瞬止め静かになったときが危ない。
 これが、いわゆる常識。
 ところが、こういう常識が通用しない場合がある。
 それは、互いが愚か者の場合だ。
 今、北朝鮮状勢は、常識が通用しない局面に入っている。
 では。 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。