Skip to content
2017年5月5日 / misotukuri

映画「リジェネレーション」の再生不能度

 昨夜、映画「リジェネレーション」(15年、英、サイモン・パメル監督、ラクラン・ニーボア、ノラ=ジェーン・ヌーン他)を見た。
 だが、何と言えば良いのか、久しぶりに、何のことやら、さっぱりわからない映画を見たという感じかな?
 とにかく、まず、わからないのだ。
「リジェネレーション」とは、「再生」の意味。
 もっといい人生を提供する会社と契約していい人生を手に入れた男の誕生日の夜中に突然、武装した男たちがアパートにやって来て、恋人が拉致されてしまう。
 後を追いかけたものの果たさず、呆然としているところ、「今すぐ家へ帰れ」という電話があり、帰ってみると、拉致されたはずの恋人の死体があった。
 そこへ再び電話があり、「助かりたければ、外のタクシーに乗れ」と言う。
 そして、連れて行かれたところは、もっといい人生を提供する会社で、恋人はもっといい人生を選択して、お前の元を去った、死体はそっくりさんの分身だ、お前も殺人犯として追われており、助かりたければ、まったく新しい別の人間になれと選択を迫られる。
 否応なく、記憶を消され、男は新しい顔(まったく同じ顔に見えるが?)に、新しいプロファイル、そして、新しい生活環境を与えられることを受け入れる。
 そんなある日、らせん階段で何者かに拉致された元カノとバッタリ出会ったのだが・・・・
 似たような映画に、ジョン・フランケンハイマー監督の「セコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転身」(66年、米、ロック・ハドソン他)という傑作があるが、50年も経ってこの程度のSFしかできないのかという思いはあるね。
 もっと、見ている者にわかるように状況説明をする必要があるのでは?
 ヴァーチャル・リアリティの中の話なのか、多元宇宙の話なのか、整形と記憶操作で現実と幻想が入り混じった話なのか、いずれにせよ、どれが本人でどれが分身なのかよくわからない。
 クローンものなら、例えば、クローンの方がもうちょっとエッジが効いているというか、コントラストがキツく出ているとか、何かオリジナルとはちょっと違う存在にするとかいう工夫が必要だ。
 ラストも、オリジナルが勝ったのか、分身が勝ったのかよくわからない。
 あるいは、分身を含め何人もの自分がいるのは、元々、この自分もオリジナルではなく、分身の一人であり、他人の人生を生きているどこかの誰か(自分でもアイデンティティを喪失して、わからなくなっている)とか。
 逆に、すべてが区別のつかない自分であり、オリジナルか分身かは意識の当て方によって決まるという複数の個体にまたがって存在する集合意識的な自分というか、元々、脳内でしか存在しない意識内でのシミュレーションをしている自分(内心の声の具象化)だとか・・・
 そもそも、答えを求めてはいけない映画なのか?
 わからないものの答えを求めようとせず、アタマの悪い人の人生のようにそのまま描くとこうなる。
 元カノ(本当の元カノかどうかわからないのに)と一緒になりたいという思いだけで行動していて、自分とは何者で何処から来て何処へ行くのかという疑問を持たないタイプの人間。
 彼のいる世界は、彼のような人間が主役になるには難しすぎる世界なのだ。
 駄作だな。こういうの、好きだけど。
 では。

2017年5月3日 / misotukuri

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」の衝撃度ゼロの面白さ

 映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(16年、米、ローランド・エメリッヒ監督、リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム他)を見た。
 あれこれ論じるほどの映画ではないが、楽しめたし、このエメリッヒ監督の手腕はなかなかのものだと思う。
 群衆劇とでも言うべき大人数の登場人物を、それぞれ巧みに個性的に描き分けている。
 主要登場人物の一人一人を主役にした短編小説なら10本はできそうなくらいだ。
  地球が宇宙人の侵略を受けて破滅に瀕している最中に老人と子どもたちがスクールバスに乗って避難するエピソードは特に面白い。
 だからといって、SFとしてよく出来ているかは別で、似たような話をあっちにもこっちにも見つけられるオリジナリティのなさは、どうにかならないかと思う。
 しかし、まあ、これもSFファンばかりをターゲットにしているわけではないから、これで良いのだろう。
 そのあたりが、衝撃度ゼロの物足りなさかな?
  というより、安心してみていられる衝撃度ゼロの面白さだな。
  では。

2017年4月26日 / misotukuri

今村復興相更迭に見る本音で議論できない日本人

 手ぐすね引いて待ってたところへ、飛んで火に入る夏の虫とはこのこと。
 失言続きの問題大臣、今村復興相更迭は遅すぎたが、これはもう如何に安倍総理としてもかばいきれないね。
 「東北で良かった」とは、どんな文脈でも、復興大臣の言うべきことではない。
 これはちょうど、事故とかがあって、たまたまあいつが死んで、自分は生き残った、あーあ、あいつで良かった・・・というのと同じ。
 それは、まことに人間としての真情の吐露であり、本音だろうが、そういう話は責任ある立場ではできないとしたもの。
 だが、逆に、そうでない立場では、それは本来心得てしかるべきことなのだ。
 ところが、集団志向の強い義務教育で刷り込まれた思考方法に疑問を持たない人間には、そういうごく当たり前のことが、とんでもなく人倫に悖る非道な物言いに聞こえる。
 今村復興相失言批判は、自分でも認めたくない本音に触れられたからこそ、過剰に反発してしまうという現象なのだとも言える。
 本音の議論はまだまだ日本人にはできない。
 過剰なポリティカル・コレクトネスにうんざりしていたアメリカ人がトランプを選んだように、もっと人間の本音の議論に堪えられるようにならないと、バックラッシュが起きるだろう。
 だから、東北の被災当事者の皆さんが怒るのはもっともと思うが、そうでないところの良心的な人々が被災者の気持ちを忖度して怒るのは、ちょっと待てよだ。
 まあ確かに、眉をひそめて、非難の意を示す程度ではもう済まないにしてもね。
 東北大地震では、津波だけの被害と、福島原発の二次災害による被害とは分けて考えなければいけないが、どちらも「自己責任だ」というのは、ある程度事実。
 被災リスク承知の上で経済活動をしていたわけだからね。
 だが、例えば子どもたちみたいに、自己の意志による選択の余地なくそこにいた人々もいるわけで、これも復興大臣の言うべき言葉ではない。
 私は、「自己責任」論は間違っていないと思うし、復興税もすべきではなかったと思う。
 しかし、復興大臣が「自己責任」を言うのは、復興税を課税する根拠を否定するもので、自分の職務を否定することになる。
 これが実は、復興税をやめ、復興大臣職もなくすという深謀遠慮があっての発言なら、ある意味、首尾一貫しているので、それならこれは計算ずくのことだったのかもしれない。
 ま、どう転ぶかわからないが、大臣が本音を言ってクビにされた事件として記憶に残るだろう。
 早速、安倍総理の任命責任を問う動きが野党にあるようだが、どこまで本気か?
 物事は何でも表面的な現象だけにとらわれるのではなく、このことによって、状勢がどのように変化して行くかを見据える意識を持たなければ、ただ刺激に反応しているだけの存在に成り果てる。
 意識の速度より反応の速度の方が絶対的に速いが、どちらがより知的かは人間の場合、言うまでもない。
 ツイッターやブログや新聞のコラムでも、そういうダボハゼみたいな記事で溢れかえっており、大衆とは結局こういうものかと思ってしまう。
 では。

2017年4月22日 / misotukuri

井岡一翔VSノックノイ・シッチパラサートを予想する(結果付き)

 4/23(日) WBA世界フライ級タイトルマッチ、井岡 一翔VSノックノイ・シッチパラサートと、WBO世界バンタム級タイトルマッチ、マーロン・タパレスVS大森将平のダブル世界戦がある。
 マーロン・タパレスVS大森将平は、前にも予想したので、パスするが、何かタパレスは減量苦らしいね。
 減量というのは、徐々に落としていく方法と、直前にパッと落とす方法と基本的には2つあって、どちらも一長一短あって、なかなか難しいものだ。
 減量苦があるからと言って、当日の調子も悪いとは限らないわけで、油断は禁物だろう。
 ただし、ボディー攻撃は有効だろうね。
 さて、もう明日に迫ったことでもあるし、井岡 一翔VSノックノイ・シッチパラサートの予想をしてみたい。
 まずは、両者のデータ比較から。
 井岡:28歳、オーソドックス、身長165cm、リーチ168cm、22戦21勝(13KO)1敗、KO率59%
ノックノイ:30歳、オーソドックス、身長156cm、リーチ165cm、66戦62勝(38KO)2敗(1KO)、KO率58%
 ノックノイは体格面では井岡より一回り小さいが、戦績は今時のボクサーにしては珍しく多い。
 特に61連勝というのは、ホゥ!という感じで、昔、メキシコのレジェンド、フリオ・セサール・チャベスが無敗連勝記録を伸ばしていた時にそれを遙かに上回る連勝記録を重ねていた無名ボクサーがいた。
 だが、そのボクサーの対戦相手にはいわゆるストリートファイターみたいなのが多く、競馬で言えば、中央競馬と地方競馬の違いくらいのレベルの差があった。
 ノックノイは、言っちゃ悪いが、61連勝と言っても、まあ、地方競馬レベル。
 なお、チャベスは、69戦目でメルドリック・テーラーにあわやの完敗を喫するところ最終回終了ゴングまであと2秒のところで大逆転TKO勝ちを収め、その後91戦目にフランキー・ランドールに敗れるまで実に90連勝した。
 ノックノイの動画も見たが、相手が弱すぎるので、参考にならないものの、恐いのは合わせるようにかぶせて打ってくる右ロングだけで、自分から攻めて試合を作っていくタイプではない。
 ノックノイは井岡よりだいぶ背も低いので、引いて戦う井岡に対し、カウンター狙いではなかなか勝機は見出せないのではないか。
 かといって、パワー・ボクシングで攻めるにしても、スピードがそれ程あるとは思えないので、井岡を押し切るところまでは行かないだろう。
 井岡が勝てないのは自分と同型の引くボクシングをするタイプで、自分より背が高く、リーチも長いボクサー、たとえば、アムナット・ルエンロエンみたいなボクサー。
 もっとも、井岡も彼に負けてから、自分で試合を作っていくタイプに変わりつつあるが。
 まあ、しかし、相手の力を見切るまでは、体格差を生かした消極的な戦法で戦い、大したことないと見切ってから積極的な戦法に切り替えると良いだろう。
 やっぱり、タイ人ボクサーにはボディーだろう。
 ズバリ、8RTKOで井岡の勝ち。
<追伸 結果速報>
 井岡の3-0(117-110×2、116-111)判定勝ち。
 見ながら半分寝てしまった退屈な試合だった。
 ゲストの元3階級制覇チャンピオンの長谷川穂積の言うように、実力差が大きいのだから、相手の良いところも出させるボクシングではなく、相手が良いところを出す前に仕留めて欲しかった。
 これでは、スーパー王者を返上してしまったが、ファン・フランシスコ・エストラーダには、とうてい勝てない。
 現在のフライ級はロマゴンもエストラーダもカシメロもSフライ級に行ったので、WBOのゾウ・シミンとやってどうかなという感じだ。
 WBCのファン・エルナンデスはミニマム級当時に井岡が王座決定戦で勝っている相手だが、 
強くなっているという評判なので、こちらとの再戦も面白いかもしれない。
 井岡は亀田興毅の後追いで、本当に強い相手とはやれば負けるのがわかっているのでやらない。
 これではプロとしてはアウトだな。 

2017年4月8日 / misotukuri

映画「グッバイ、レーニン!」のイデア論度

 昨夜、映画「グッバイ、レーニン!」(02年、独、ヴォルフガング・ベッカー、ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、チュルバン・ハマートヴァ、マリア・シモン、フロリアン・ルーカス他)を見た。
 この映画、いわば、見え見えほのぼの悲喜劇感動もので、あまり食指は動かなかったのだが、昔ベルリンの壁崩壊直後に行ったことのある東ベルリンが舞台なので、どんな風に描かれているのかな?という関心で見始めた。
 簡単に、ストーリーの照会をしておくと、医者だった夫が単独で西側に亡命し、残された教師の妻はその反動で熱狂的な共産主義者の模範党員となったが、1989年10月7日夜、建国40周年式典に参加しようと出かけたところ、警官隊ともみ合っている反体制デモに息子が参加しているのを見かけて、心臓発作を起こし昏睡状態になってしまう。
 彼女は、このまま死ぬかと思っていたところ、8ヶ月後に奇跡的に覚醒した。
 だが、その間に、ベルリンの壁は崩壊し、東ドイツの社会主義体制は消え去り、ドイツは東西統一の実務を如何にして行うかという段階に入っていた。
 彼女は昏睡から覚めたとは言え、余命はあと数週間と医者には宣告される。
 「もう一度大きなショックを受ければ命の保障は無い」と医師から宣告された息子は、思案の末、母の命を守るため自宅に引き取り、姉や恋人や近所の人々の協力を半ば強要しながら、東ドイツの社会主義体制が何一つ変わっていないかのように必死の細工と演技を続けたのだったが・・・・・というお話。
 私がベルリンを訪れたのは、ちょうどこの映画に描かれた頃で、東西ドイツの政治統一の直前の頃だった。
 ベルリンの後、ボンに飛んで、政府職員から話を聞いたところ、通貨統合は終わっていたが、まだまだ問題は山積みで、政治統合のスケジュールは決まっているのだが、膨大な行政実務の詰めがまだまだできていないようだった。
 この映画は、通貨統合の締め切り後のトラブルが描かれているが、なるほどこういうケースもあっただろうなと思った。
 亡命を計画していて、へそくりを貯め込んでいたが、本人が認知症になってしまった後、急に体制が崩壊し、へそくりをどこに隠していたか思い出せなくなったとか。
 通貨統合では、東ドイツマルクの現金対西ドイツマルクの現金での交換は認めていなかったので、交換の締め切り日を過ぎて、へそくりが出て来たような場合は、パーになったのだろう。
 デノミでも、それはあり得るだろう。
 現在日本のタンス預金はどうやって調べたのか見当もつかないが、43兆円もあるという。
 これを表に出させたかったら、「銀行口座に入っているお金でないと新円には交換できません。交換期日を過ぎると、旧円は使用できなくなります。」とやれば良い。
 通貨供給量が一気に増え、デフレ脱却間違いなしだが、そんな政策立案者は北朝鮮で実際にあったみたいに社会に混乱を招き、処刑されるかもしれない。
 まあ、そんなことはともかく、ドイツ映画だから、小難しく、この映画の哲学的な側面に戻ろう。
 主人公である息子が演出したのは、もう一つの「可能性としての現在」だということだ。
 それは、彼の独白にも出ている。
 「自分が(母のために)創り上げようとしているのは、(現実には存在しなかった)自分の理想の東ドイツだ」というセリフ(記憶が定かでないが)があった。
 それは決して東西ドイツの政治統合で、ボロボロになって西に吸収されていく、哀れな東ドイツではない!ということだ。
 西ドイツから流入する人間や物品で溢れる現実が眼前にあっても、われわれが現実と思っているものはすべて現実そのものではなく、その写像の解釈にすぎないのだ。
 ここに至って、この映画は一種のイデア論と化した。

2017年4月6日 / misotukuri

ネオマール・セルメニョVS久保隼を予想する(結果付き)

4月9日、WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、ネオマール・セルメニョVS久保隼がある。
BSフジでTV放送が見られるかも知れない。
あまり話題にならないが、無理もないところがある。
まず、久保隼(くぼしゅん)があまり知られていないし、ネオマール・セルメニョも地味。
おまけに、久保なんかに、到底、勝てるとは思えないといったところが原因かな?
まずは、戦績等のデータ比較から。
セルメニョ:37歳、オーソドックス、身長168cm、リーチ176cm、33戦26勝(15KO)5敗(1KO)1分、KO率45%
久保隼:26歳、サウスポー、身長176cm、リーチ180cm、11戦11勝(8KO)、KO率73%
データは、キャリアが違いすぎるので、数字的にも内容も比較にならない。
久保の方が、身長、リーチでかなり上回っているが、痩せすぎだよ。
チャンピオンのネオマール・セルメニョは、日本でもお馴染みのクリスチャン・ミハレスに2度勝っているし、アンセルモ・モレノには2回とも僅差の判定負けで、サーシャ・バクティンには大差の判定負け、そして、これは参考にならないが、フェルナンド・モンティエルには3回棄権のTKO負けを喫している。
ボクシングを知らない人間なら、何だ、大したことないじゃないかと思うかも知れないが、全員、超一流のテクニシャン。
ということは、ネオマール・セルメニョもまた超一流のテクニシャン。
特に、当時のアンセルモ・モレノやサーシャ・バクティンには誰も勝てないよ。
ネオマール・セルメニョは、確実に一流のボクサーではあるが、決め手に欠けるのが欠点。
だが、それは超一流相手のこと。
久保は、確かに無敗で、KO率も7割を超えている。
しかし、たかだか11戦では、世界ランカーとの対戦も2年前のルイス・メイ戦(8R)だけ。
これも、ダウンの応酬の末の3-0の判定勝ちとはいうものの、技術的には見るべきものは全くなかった。
この階級では長身の方なので、防御は距離を十分とって、攻撃は右ジャブで相手の接近を阻み、左ストレートを打ち込むというワンパターンで、フックとかアッパーはまだ習ってませんという感じ。
ただし、左の当て勘はいいねえ。
まあ、それで東洋太平洋のタイトルを取り、2回も防衛しているのだから、結構、パンチには威力があるのかもしれない。
久保がセルメニョを倒せば、たとえ少々とうが立っている世界チャンピオンとはいえ、大金星と言える。
逆に、やっぱり、世界挑戦は早すぎたかと言うことになれば、もうボクシングはやめた方がいいだろう。
内容次第だな。
善戦するも、7RTKO負けくらいか?
二人の試合の動画を見る限り、残念ながら、セルメニョが負ける姿は想像しにくい。
まあ、それでも、時の強豪と渡り合い、艱難辛苦の末、念願の世界タイトルを手にしたネオマール・セルメニョを見られるだけでも価値があるというもの。
<結果速報 2017.4.9>
な何と、セルメニョ、11R棄権で、久保が新世界チャンピオン!
セルメニョは、もう歳だね。
10Rまでの採点は、2-1でセルメニョが勝っていたと言うから、どういうことか?
私の採点でも、1ポイント差でセルメニョの勝ちだった。
7Rにセルメニョがダウンを奪った時には、ああ、やっぱり予想が当たったかと思ったが、その後冷静に立て直したのが良かった。
セルメニョは、スタミナが切れたのか、あるいは、どこか故障したのか、あきらめるのが早い。
フェルナンド・モンティエル戦の時と同じ、不可解な棄権だった。
まあ、それはともかく、久保は世界チャンピオンになれて良かったね。
<追伸 2017.4.11>
2-1でセルメニョが勝っていたとする公式ジャッジのスコアカードがわかったので、私のも合わせて採点について検討しよう。
    1234・5678・910
1 セ:-〇〇-・--〇〇・-〇=95・・・セルメニョの勝ち
  久:〇--〇・〇〇▲-・〇-=94
2 セ:-〇-〇・--〇-・〇〇=95・・・セルメニョの勝ち
  久:〇-〇-・〇〇▲〇・--=94
3 セ:〇〇--・--〇-・-〇=94
  久:--〇〇・〇〇▲〇・〇-=95・・・久保の勝ち
私 セ:-〇〇-・--〇〇・-〇=95・・・セルメニョの勝ち
  久:〇--〇・〇〇▲-・〇-=94
以上だが、公式ジャッジの1,2,3について、各ラウンドごと多数決したものを上げると、次のとおり。(〇について、3人一致を◎、2人一致を〇とする)
多 セ:-◎--・--◎-・-〇=93
  久:◎-〇〇・◎◎▲〇・〇-=96・・・久保の勝ち
公式ジャッジの各ラウンドごとの多数決採点では、久保の勝ちとなる。
そして、恐らくこれが観客や視聴者の見方に近いだろうと思う。
ただ、試合直後の単純な足し算さえ満足にできない異様な環境で、こういう方法は、精査確認に時間がかかりすぎるのが予想され、採用するのは無理だろう。
とすれば、多数決から外れすぎるジャッジのジャッジメントについて審査する一手段として使うくらいのものだろうか?
これが、ボクシング・ファンとして、いろいろ考えた末に得た結論だ。
セルメニョは、敵地では明白に勝たなければ勝てないという強迫観念と久保のボディーブロー(毎日1ラウンドはボディブローだけの練習をして来たという)によって闘う気力を失ったのだろう。

2017年3月31日 / misotukuri

映画「わんぱく戦争」の古き良きカリカチュア度

 昨夜は映画を2本立てで見た。
 #20:「レヴェナント:蘇りし者」(15年、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ他)
 321:「わんぱく戦争」(62年、イヴ・ロベール監督、アンドレ・トレトン、ミッシェル・イセラ、アントワーヌ・ラルチーグ他)
 「レヴェナント:蘇りし者」は西部劇の大作だが、これが英国アカデミー賞総なめしたとは信じられない。
 映像は見事だが、復讐劇としてのストーリーは退屈だ。
 これなら、チャールトン・ヘストンの老いた猟師のノスタルジックな「ワイオミング」の方がよっぽどいい。
 時代的にはどうなんだろう。
 「レヴェナント」の方が、ちょっと古いのかも。
 「わんぱく戦争」は、昔、母親が購読していた婦人公論だったか、何かの雑誌の映画紹介コラムで傑作という評判の映画だった。
  だが、年齢的に映画を見に行く時間もお金もなく、後にTVで放送した時も受信環境が悪く、見られなかったもの。
 白黒映画なのだが、これは本当に今見ても傑作だね。
 対立する子どもたちのグループ同士の喧嘩がどんどんエスカレートして、収拾がつかなくなるのだが、日本の「ビー・バップ・ハイスクール」なんかも路線的にはこれに似ているかな。
 子どもたちは、自分の名誉のために戦い、最高の処罰は相手の誇りをずたずたに傷つけることだった。
 だが、これはちょっと古い大人たちの戦争のカリカチュア。
 まだ、ここにはまだ異文化間の対立はなく、喧嘩にも暗黙のルールがあった。
 裏切りとかあっても、現代のテロ戦争のような卑劣さはみじんもない。
 この映画は実はリメイクだが、この映画のリメイクもあるようだ。
 だが、この辺りの時代のセンスがどうか気になる。
 では。