Skip to content
2017年3月21日 / misotukuri

聖徳太子は実在か架空かはっきりさせろ!

 昨日の読売新聞からのコピペ。
<文部科学省が2月に公表した中学校の次期学習指導要領の改定案で「聖徳太子」を「厩戸王うまやどのおう(聖徳太子)」に変更するとしていたことについて、元の表記に戻す方針を決めたことが20日、分かった。>
 鎖国はともかく聖徳太子ははっきりさせた方がいいんじゃないかなあ?
 聖徳太子というのは、その存在が確認出来ない謎の人物。
 関裕二の熱烈なファンである私は、聖徳太子=蘇我入鹿説が正しいのではないかと思うが、そうなると大化の改新以前の古代史がガラリと書き換えられることになる。
 そもそも日本の古代史は、古事記と日本書紀という動かせないものがあって、両者に食い違いがある時は、古事記は事実に基づいたフィクション、日本書紀は神話の部分を除き、事実を記した正史ということになっている。
 古事記及び日本書紀の編纂を命じたのは天武天皇の時だが、完成したのは持統天皇の影響の強い元明天皇、元正天皇の頃で、全員天智天皇系の女性天皇。
 ただし、母親は蘇我系の娘。
 特に持統天皇は、夫の天武天皇と一度の相聞歌も残しておらず、仲睦まじさを演出してはいるが、単なる皇子を生むための政略結婚に過ぎなかったと言える。
 天智天皇と天武天皇は異父兄弟で天智が兄とされているが、実は天武が年長。
 かつ、天武は生年月日がわからない天皇で、母親が斉明天皇(皇極天皇の重祚)であることは確か。
 ところで、皇極天皇は舒明天皇に嫁ぐ前に、推古天皇の夫である用明天皇の孫の高向王(父不詳)と結婚しており、漢王子を生んだが、この高向王と漢王子は歴史の闇に葬られた人物で名前だけしかわかっていない。
 皇極天皇は在任中蘇我入鹿の父蝦夷が大臣となり、入鹿が実権を握って国政を動かしていた。
 ところで、皇極天皇は吉備系統で、蘇我氏系統ではない。
 用明天皇は継体天皇の嫡子である欽明天皇の第四皇子。
 ややこしいが、この謎の人物高向王と漢王子が誰なのかを解き明かしていくと、推古天皇の摂政をしていた聖徳太子と天智よりも年長なのに弟とされている生年月日が不詳の天武天皇にたどり着く。
 だが、聖徳太子=蘇我入鹿=高向王で、漢王子が天武天皇となれば、歴史学会や中学校の教科書どころの騒ぎではなく、現在の天皇家の混乱にも影響が及ぶ。
 天智天皇が中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)の時に、なぜ蘇我入鹿を暗殺したのか?また、蘇我入鹿はそんなに悪い人間だったのか?という問いに、正史の説明とは違った別の説明が出来そうに思う。
 7世紀の奈良盆地の遺跡や神社の所在を調べていく内に、迷宮の奥へ奥へと入り込んでいく思いがする。
 ただ、はっきり言えるのは、聖徳太子をめぐる話には大きなトリックがあるということだ。
 ハイそうですかと鵜呑みにはできない。
 だから、文部科学省の小役人任せにせず、国史学者の総力を挙げて、聖徳太子が誰なのかはっきりさせて欲しい。
 では。

2017年3月20日 / misotukuri

ロマゴンはあれで負けたのか?

昨日NYマジソン・スクエア・ガーデンで行われたWBCスーパーフライ級世界タイトルマッチ、ロマゴンことローマン・ゴンサレスVSシーサケット・ソールンビサイは、ご存知のように2-0のマジョリティ・デシジョンでシーサケットが勝ち、自分が失った王座に復帰した。
パウンド・フォー・パウンドの1位と目されていたロマゴン落城は全世界のボクシング・ファンに大きな衝撃を与えた。
私は、WOWOWの同時中継で見て、昨夜もう一度見直したが、あれは疑惑の判定だな。
まず、WOWOWの解説陣(ジョー小泉、浜田剛史、ゲストのロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太、WBO現スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥)全員がロマゴンの勝ちとしていたはず。
TV中継で見るのと現地で見るのとでは、印象がだいぶ違い、接戦になればなるほどひいき目もあって公式ジャッジの採点とTV解説者の採点が逆になることが結構ある。
それがわかっているので、明らかにおかしな採点でない限り、公式ジャッジの採点に文句をつけないのが礼儀というもの。
それは解るのだが、解った上で言うのだが、あの採点は判定とは何かということを考えさせられる採点だと思う。
ボクシングの判定には、一応の共通理解的ルールとも言うべき採点基準というのがある。
次のサイトが簡明にまとめているので、それを参照された上で、以下をお読みいただければと思う。
http://www.boxing.jp/data/saiten.htm
この中の最優先される基準は、1.有効なクリーンヒット であり、「相手の急所に有効なパンチをヒットさせ、よりダメージを与えた方を優勢とする。」ということになっている。
だが、有効なパンチとダメージの度合いが異なる時、それをどう判定するのかというのが問題と思う。
ロマゴンは前回のカルロス・クアドラス戦では、試合後の顔だけ見ればどちらが勝ったのかわからないほどロマゴンは顔を腫れ上がらせていたが、試合内容は明らかにロマゴンが勝っていたし、そういう判定だった。
ただし、誰もが思ったことは、ロマゴンはまだスーパーフライ級の身体ができていないということで、クアドラスがロマゴンのパンチ力を恐れて逃げ回ったりせず、堂々と正面から打ち合いで臨んだなら結果は違っていたかもしれないということだった。
そういう印象を引きずったまま、今回のシーサケット戦になったが、サイズ的にもKO率もほとんど変わらないシーサケットの方がナチュラルなスーパーフライ級で、ロマゴンより一回り大きく見えた。
そのシーサケットが、体力で押し切るボクシングをしてきたものだから、ロマゴンは体重の壁というものを強く感じさせられたに違いない。
とは言え、ボクシングも採点競技なので、印象よりも冷静に採点基準に従い各ラウンド優劣をつけていかなければならない。
三人のジャッジの採点を紹介すると、次のとおり。
<A> 1, 2, 3, 4 / 5, 6, 7, 8 / 9,10,11,12 計
 ロ  8, 9,10,10 /10,10, 9, 9 / 9, 9, 9,10 112
 シ 10,10, 9, 9 / 9, 8,10,10 / 10,10,10, 9  114  (6Rバッティングにより-1減点)
<B>・・・<A>とまったく同じ。
<C> 1, 2, 3, 4 / 5, 6, 7, 8 / 9,10,11,12 計
 ロ  8,10,10, 9 / 10,10, 9,10 / 9, 9, 9,10 113
 シ 10, 9, 9,10 / 9, 8,10, 9 / 10,10,10, 9  113  (6Rバッティングにより-1減点)
ちなみに、私の採点は、次のとおりで、逆にロマゴンの勝ち。
<私> 1, 2, 3, 4 / 5, 6, 7, 8 / 9,10,11,12 計
 ロ  8, 9,10,10 / 10,10, 9,10 / 10,10, 9,10 115
 シ 10,10, 9, 9 / 9, 8,10, 9 / 9, 9,10, 9  111  (6Rバッティングにより-1減点)
1Rから8Rまでの採点は、<A>,<B>の採点もあああり得ると思うが、9R,10Rの採点は大いに疑問で、どこを見て採点しているのかなと思う。
1Rのロマゴンがすっ飛んだダウンは、両足が揃ったところにバッティングとプッシングされたものだが、ダウンを取られても仕方がない不運なもの。
また、ロマゴンの顔が血だらけなのは、シーサケットのバッティングによるもので、血が目に入って見えにくくやりにくいのは確かだが、血が出ているからと言ってダメージが深いというものではない。
また、3Rにロマゴンは、バッティングで初めて出血したが、WBCルールだと、こういう場合、出血していない方から-1ポイントの減点をすることになっているが、そういうアナウンスもなかったし、減点も無かった。
これは、NY州ルールで行われたのかもしれない。
判定となった時のために12Rのうち2Rだけジャッジが買収されていたとしたらどうだろうか?
WBCは4Rごとの公開採点だったはずだが、何故か、これも放送なかった。
やっぱり、NY州ルールだったのかも。
4Rごとの公開採点だと、あまり酷い採点はブーイングされるのでできないが、最後まで公開されないと、前のことは記憶が薄れるので、11Rと最終ラウンドの印象で決まってしまう。
11Rを取り、最終ラウンドを軽く流すと、最終ラウンドは取られても、ああ、勝ってるんだなという印象を観客に与え、途中におかしな判定があっても、顔面血だらけでダメージが深そうな方が負けた判定になっても、ブーイングは起きない。
だから、私は最終ラウンドに勝負せず軽く流そうという態度がありありな奴からは更に-1点の減点をしろと思う。
そうすれば、逃げ勝ちみたいなのが防げる。
この試合、もう一度、録画を消す前に、9R,10Rを見直してみたい。

2017年3月16日 / misotukuri

映画「マネーモンスター」の大きな勘違い度

 昨夜WOWOWで見た映画「マネーモンスター」(16年、米、ジョディ・フォスター監督、ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル他)は、去年公開された映画だが、題名でも見え見えのアンチ・ウォール街物。
 公開は去年の5月なので、これは結果的には米大統領選で、ヒラリー・クリントンの足を引っ張り、ドナルド・トランプを利したね。
 監督制作出演者全員ガチガチの民主党支持のリベラル左派で、サンダースに近いんだろうな。
 だが、実は彼らは超高所得者でもある。(ここらの自覚無き矛盾について、これから触れる)
 お話は、司会者の軽妙なトークが売りの投資情報番組で優良株として勧められるままになけなしの全財産6万ドルをつぎ込んだ株が暴落して自暴自棄となった男が、生放送中のスタジオに爆弾と銃を持って乗り込んできて、司会者を人質にとって、どうして暴落したのかちゃんと説明しないと爆破すると脅したのだが・・・というもの。
 参考までにWikipedeliaのURLを載せとこう。(映画を見た後で読むといい)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
 司会者が時間稼ぎしている間にディレクターが調べていくと、当初は、優良株の暴落がコンピュータのシステム・バグのせいみたいでよくわからないという説明だったのが、どうも男の疑念ももっともだと思える大きな不正の存在に気がつくというお決まりの展開。
 とは言え、植え付けられる教訓はあるわけで、ウォール街の連中は信用ならない、奴らはオレたちをだまして金を巻き上げている、マスコミも奴らとグルになって偽情報を垂れ流している・・・・という、サンダースやトランプの言ってることと同じことをクライム・サスペンス・ドラマ仕立てでプロパガンダしている。
 これに対し、ウォール街を代表する悪党が、追い詰められて、ついに本音を漏らす。
 儲かってる時は自分が投資の天才みたいに自慢してるくせに損したからといって何だ?取引のスピードが速くてどこが悪い?頭が良いのは犯罪か?みたいな開き直りの言葉を発する。
 まあ、それが公正に行われているなら、そのとおりなのだが、事実はもっと単純で、素人を欺すイカサマの目くらましだったということだ、と言うのだな。
 この映画が、大統領選の後で公開されていたなら、アメリカン・リベラルの良心かと思うが、大統領選の最中では、トランプにはまたとない敵失に思えただろう。
 筋を通そうとして事態をもっと悪くしてしまう例だ。
 ジョディ・フォスターやジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツらにとっては、リベラルの良心を示せてそれで良いだろうが、大多数のリベラル庶民にとっては、そうはいかないだろう。
 トランプという結果をどう評価するかということでもあるのだが、時給17ドルで働いている人間の気持ちを彼ら金持ちのリベラル左派が本当にわかっていたとはとうてい思えない。
 では。

2017年3月14日 / misotukuri

韓国はクーデターが起きるかもしれないね

 弾劾罷免された韓国の朴槿恵大統領をめぐる騒動。
 このどうしようもないダメな国民性にあきれかえるよ。
 お前ら、ホンマ、あほやな、と誰か言ってやれよと思う。
 自分らで選んだ歴代大統領のうち、まともに引退出来たのは一人もいない。
 https://matome.naver.jp/odai/2134502818611430401
 これは、2013年の記事だが、2016年11月に朴槿恵関係で更新されているが、ほとんどは李明博大統領時代に書かれた労作。
 確かに、次に誰が大統領になるにせよ、退任後のその人物の末路はほぼ決まっているとしか思えないな。
 問題は、こういう繰り返しを韓国国民は異常だと思わないのか?ということだ。
 異常と思わなければ、永遠に続くだろう。
 これって、ようするに共和制の失敗と言うことで、君主を持たない国家の民主制の難しさを見せられているということかな?
 どうしてこうなってしまったのかをつらつら考えていく内に、やはり日本が統治した責任というのが尾を引いているように思える。
 誰かそんなこと言ってたな。
 その時は、理解できなかったが。
 というのも、近現代の朝鮮半島の歴史を考えると、李氏朝鮮の統一王朝が大日本帝国に併合されたことにより消滅し、大東亜戦争で日本敗北の後は、朝鮮半島が南北で二分されたことにより、統一のレジティマシー(正統性)を主張できる者が南北いずれの側にもなくなってしまったと言えるのではないか?
 それでも、北朝鮮では共産主義とは名ばかりの新たに金王朝を打ち立てたようなものだが、南朝鮮では李氏王朝を復興せずに大統領制(共和制)を採ったため、地方によって支持政党が偏るという傾向が生まれ、各地方の権力志向の野合まがいの綱引きの中で、権力を握った者が期間限定でほぼ無制限の権力を握るようになった。
 つまり、北朝鮮では、権力と権威を一身に集めた金王朝だが、金一族のレジティマシーは南朝鮮には及ばず、南朝鮮では権力だけあって権威のない大統領制(共和制)の足の引っ張り合い。
 ようするに、朝鮮半島統一のレジティマシーはどちら側にも存在しないのだ。
 その点、日本は、最高権力者は内閣総理大臣だが、最高権威者は国民統合の象徴たる天皇という立憲君主制。
 安倍首相をアタマが悪いと嘲っても、今上天皇には同じことを思っていても言えない。
 それは、安倍さんは権力は持っているけど、権威は持っていないからだ。
 権威を持っている人にそんなことは言えない。
 君主制と共和制のどちらが良いのか一概には言えないが、少なくとも、共和制を採る以上は大統領に権威を認めなければ成り立たない。
 共和制の国民は、自ら選んだ大統領、たとえ辞めた後でも、その権威に服し、敬意を払う義務がある。
 それを理解しないと、韓国のようになる。
 韓国の大統領は、期間限定の単なる最高権力者に過ぎないのだ。
 北朝鮮情勢が厳しくなってきたこの時期に、韓国民は何をやっているのかと思う。
 韓国は、金正恩暗殺部隊を創設するらしいが、韓国が北朝鮮の挑発に乗って北進した時、在韓米軍がもし動かなかったらどうするか考えたことあるのだろうか?
 それよりも、次期大統領の最有力候補が親北派なのは、問題だ。
 これは、下手すると、軍部のクーデターが起きるよ。
 今、朝鮮半島有事になれば軍事独裁政権でなければどうしようもないだろう。
 或いは、内政は大統領に外交軍事は軍部にという一国二王制度(スパルタ方式)を採るか。
 いずれにせよ、韓国民の選ぶことだ。
 では。

2017年3月9日 / misotukuri

映画「バッド・ルーテナント」のどこから幻想度

 昨夜見た映画は、「バッド・ルーテナント」(09年、米、ヴェルナー・ヘルツォーグ監督、ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ヴァル・キルマー他).。
 見終わってすぐに感想を書こうとして、如何にもご都合主義の下らない映画だなと思い直し、書くのをやめたのだが、何となく気になるところがあって、夢の中で考えていた。
 ハリケーン・カトリーナが襲った夜、水没しつつあったニューオーリンズの拘置所で、避難から取り残された囚人を救助したことで、表彰された警部補マクドノーは、その時受けた脊髄損傷で薬用麻薬の常用から麻薬依存症になる。
 彼は、正義感に満ちた仕事中毒の辣腕刑事という評判とは裏腹の悪徳警官で、他人の弱みにつけ込んで脅迫暴行したり、押収した薬物を窃取したり、不法賭博で借金が嵩んだりと、もう公私混同のメチャクチャ。
 そんな彼にも心から大事に思う人があり、それが娼婦の恋人フランキーであり、退職した元警官の父親で、どんどん堕ちて行く彼を二人の存在がなんとか正道に引き止めていた。
 セネガルからの不法移民の一家4人惨殺事件の捜査で、指揮を執る彼はいつもの強引なやり方ながらも見事な手際で主犯を割り出し追い詰めて行くのだが、事件を目撃した少年に証人保護プログラムが承認されなかったことから少しずつ歯車が狂ってくる。
 ところで、途中から、この薬物依存症の警部補は幻視するようになる。
 最初は、犯行現場の部屋の中の机の上にイグアナが二匹いて、突然、それらが歌を歌い出すというものだが、それはどうやら彼にしか見えないようで、幻視だとわかる。
 このシーンがどうにも唐突で、引っかかるのだ。
  二匹の美しい声で歌う醜いイグアナは、主人公と相棒の刑事(ヴァル・キルマー)の象徴じゃないか?と後で思った。
 この映画、何かおかしい。
 どこかから現実と幻想とが混ぜこぜになっているのではあるまいかと、意識下で気に懸かっていたのだと気がついた。
 とすると、それはどこからだろう?
 あのラストシーンは、彼の抱えていた懸案は現実には何一つ解決せず、彼は絶望の袋小路に入って抜け出せず落ち込んでいるのだと解釈することもできるのではあるまいか?
 そうだよな、そんなにうまく行くはずがないわな。
 しかし、もしそうなら、この映画、ただものではない。
 自分が今こうしているという眼前の確実と思える現実に、これは幻覚ではあるまいかと疑念を覚えさせてくれる映画だ。
 では。

2017年3月7日 / misotukuri

映画「誘拐捜査」のニヒル度

 先ほど映画「誘拐捜査」(15年、中国、ディン・シエン監督、アンディ・ラウ、リウ・イエ、ワン・チエンユエン他)を見たが、スゴイね。
 何か黒澤明の「天国と地獄」を思い出したよ。
 黒澤ほどの貧者が富者に抱くルサンチマンは感じられないのだが、逆に誘拐主犯の虚無主義には中国の犯罪者の酷薄無常な心情が如実に出ているようで、なるほどこういうことかとうなづかされた。
 中国は1年間に1000人を超える死刑執行があると言うが、それは14億人もいる巨大国家を統治するためには、厳罰主義で臨むしかないということもあるのだろうと思うが、一方、犯罪者にすれば、警察に捕まったらもう死んだも同然という状況の中で、必要以上に酷薄なことをするようになるのだろうと思う。
 この誘拐主犯のキャラクターは、いわゆるサイコではない。
 どちらかというと、「天国と地獄」の山崎努演じる誘拐犯人のキャラに近い。
 引き返せない一線を超えて、強がっているだけだろう。
 いくら冷酷なことを平然と犯しても、それは感情の奔流を意志の力で遮断しているだけ。
 一体彼はせしめた巨額の身代金を本当は何に使うつもりだったのか?
 それが説明のつかない謎だ。
 誘拐された香港スター役のアンディ・ラウと誘拐主犯役のワン・チエンユエンの好演が光る傑作だ。
 では。

2017年3月6日 / misotukuri

小国以載VS岩佐亮祐の予想できない試合の早すぎる予想

今年のボクシング予想で最大の関心事は、正式に決まっているわけではないが、多分、井上尚弥VSローマン・ゴンサレスだろうが、その前に全く予想がつかない試合がある。
それは、これも正式に決まったわけではないが、ほぼ確実な小国以載VS岩佐亮祐の試合だ。
小国は、去年の大晦日、圧倒的不利の予想を覆し、当時のIBFスーパーバンタム級王者、KO率100%のジョナサン・グスマンに快勝して新王者になったばかり。
小国は、小差でも必ず勝つというタイプの努力型の王者で、一度、ボクシングが乱れている時に和氣慎吾にまさかのTKO負けした以外はすべて勝ってきている。
そして、とても敵わないだろうという下馬評の時には必ず相手からダウンを奪い判定で勝っている。
小国のこの勝負強さは、試合までに徹底的に相手を研究するようで、ここを狙えという穴を見つけて、それを突く練習を繰り返すところからくるものだろう。
グスマンに対する左ジャブと右ストレートの先制、そして狙いすました左アッパーのカウンターのボディ打ち。
KO率100%だったグスマンが和氣慎吾相手に見せた強引な攻めが全くできなくなり、貧打の小国にダウンまで奪われ、KO負け寸前に追い込まれ、完敗してしまった。
小国の恵まれた体躯と頭脳的な戦法は、岩佐にとっても大いなる脅威となるだろう。
問題は、岩佐をどれだけ研究してるかだ。
これに対し、岩佐は、誰もが認める天才型の実力者ではあるが、どことなく不運がつきまとう無冠の帝王的ボクサー。
岩佐は、先日V12を達成し今や絶頂期にいる山中慎介がまだ日本チャンピオンだった頃に無敗で挑んだが、10RTKOで敗れ、その後世界に羽ばたく山中を尻目に、長い雌伏の時を過ごした。
そして、ようやく掴んだIBFバンタム級暫定世界王座決定戦で、リー・ハスキンスにまさかの6RTKO負け。
そして、去年はIBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦でルイス・ロサ・ジュニアと戦う予定が、ロサの体重超過で試合が流れるという具合に、どうもここぞと言う時にうまく行かない。
しかし、山中に負けた時は、結果こそTKO負けだったが、ほぼ伯仲の試合で、山中の方がスリッピング・アウェーとか防御において一日の長があっただけと思った。
また、ハスキンスに負けた時も何か減量の失敗としか考えられないほど動きが悪く、決してあんなものじゃないと思った。
岩佐の欠点は、フォームのきれいな速球投手みたいで、迫力に欠けていることではないかな?
一発必倒のパンチを持っているのに、それを感じさせない。
だからこそ相手にしてみれば、逆に効くのかもしれないが、実力が拮抗していてペース争いをしなければならない時には、それが不利に働く。
そんな岩佐にとって最後のチャンスが、今回の指名挑戦者の権利を得ての小国以載との世界タイトルマッチだ。
小国以載VS岩佐亮祐は、努力型と天才型の戦いで、予想はホント難しい。
小国が負けるとしたら、研究不足とグスマンに勝ったことからくる慢心だろう。
岩佐が負けるとしたら、バンタム級から上がってきた岩佐と元々スーパーバンタム級で戦っている小国との体格差くらいしか考えられない。
岩佐のパンチがグスマンのパンチに耐えた小国に通用せず、ポイントを奪い合う展開になれば、岩佐には厳しいだろう。
やはり、岩佐の方が不利かな?
試合が正式に決まったら、もっと詳しい分析をしてみたい。