Skip to content
2017年7月23日 / misotukuri

映画「アイ・ロボット」-人間の心はスタンド・アローンに宿る度

 昨日映画「アイ・ロボット」(04年、米、アレックス・プロヤス監督、ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン他)を見たところ。
 SFファンが、これをまだ見ていなかったとは言いづらく、どうですかと聞かれても言葉を濁していたが、とうとう見てしまった。
 なかなかよく出来てるじゃないか。
 途中でロボット嫌いなスプーナー刑事の左腕だっけ、超合金でできてるのがわかり、一気に実はこの刑事もランニング博士が創ったロボット(アンドロイド)、少なくともサイボーグか!と思ったが、そこまで飛躍はしなかった。
 新型ロボット、サニーは自殺した博士が創り上げた特別なロボットで心(感情)を持つようになっていたが、他の一般型のロボットは、姿形はそっくりでも、サニーと違って、Vikiというホストコンピュータによって日々自動更新される心のない存在だった・・・というところで、ふと小さな疑問が生じた。
 心というのは、スタンド・アローンでなければ人間的とは言えないのかな、ということだ。
 集合知性、集合意識といったものは人間の心とは明らかに違う非常に隔たったものなのかと思った。
 ロバート・チャールズ・ウィルソンの「時間封鎖」三部作の完結編「連環宇宙」に1万年後の未来、人類は究極の民主主義として、大脳皮質系民主主義と大脳辺縁系民主主義の両陣営に分かれ戦争をしている世界が描かれているが、これなどいずれもホスト・コンピュータとネットワークを介し脳がつながっている。
 大脳皮質系民主主義は、知性を共有し、全員が感情に左右されずに正しい判断ができるようなシステムで、大脳辺縁系民主主義は、そういう皮相的なものでなく、心の底からこれで良かったと納得できる選択を可能にするシステムだ。
 だが、どちらにも一長一短があり、1万年前の人間にとっては、(正確には、アーカイブから再構成された人間なのだが)あまりにも異様な人間のあり方だった。
 みんなでつながっていることはいいのだが、主体性を放棄する所まで行くのは行きすぎと思う。
 だから、まだしも大脳皮質系民主主義の方がマシかなと思う。
 人間は、自分がスタンド・アローンだから、人生が一回性のものであることの認識を持てる。
 そうか、クローン化などによる永遠の生命は、人間の心を失うことでもあるのだなと思った。
 この映画、今さらと思っていたが、見て良かったよ。
 また、アシモフのロボット三原則はよく出来ているのだが、それをロボット達が、解釈改憲的に別解釈するのには恐れ入った。
 <ロボット三原則>
 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
 ただし、それに触発されて、ふと思い出したのだが、「ロボットは人間に危害を加えてはならない」とか言う場合の「人間」の定義が難しいのではないかと思うことだ。
 「人間」の定義ができないなら、そもそもロボット三原則は無意味だし、また定義ができればできたであなたがその「人間」の定義に当てはまるかどうかという問題がある。
 やっぱり、アシモフのロボット三原則はSF小説のネタにすぎないということだ。
 そういう考えは、逆に危険極まりない。
 では。

2017年7月19日 / misotukuri

田口良一VSロベルト・バレラ戦他を予想する(結果付き)

7月23日(日)ボクシング、ダブル世界戦がある。
1.WBAライトフライ級タイトルマッチ、田口良一 VS ロベルト・バレラ
2.IBFミニマム級タイトルマッチ、ホセ・アルグメド VS 京口紘人
先週、三浦が負けて沈んだ雰囲気の中でイマイチ乗れないが、あと4日に迫った国内での世界戦でもあるので、気分を奮い立たせて予想してみよう。
これらの2試合で、一番興味があるのは、ロベルト・バレラだな。

1.WBAライトフライ級タイトルマッチ、田口良一 VS ロベルト・バレラ
先にデータ比較をしておこう。
田口:30才、右、身長168cm、リーチ173cm、29戦25勝(11KO)2敗2分け、KO率38%
バレラ:24才、右、身長、リーチ共に不明、19戦18勝(12KO)1敗、KO率63%
バレラは、田口の前回の苦戦した相手カルロス・カニザレスと無敗対決でほとんど引き分けに近い判定で敗れたのが唯一の敗戦で、スピード、テクニック、パンチ力を備えた、非常にいいボクサー。
カニザレスに負けて、ホープがまた一人ダメになるかと思ったら、その後6戦して全勝5KOで、今回のタイトル挑戦に漕ぎ着けた。
田口には前回引き分けたカニザレス以上に難敵だろう。
現時点で、身長、リーチなど不明だが、動画で見た限りでは、身長は田口よりやや低いかなと思う。(7.21予備検診で、身長164cm、リーチ169cmと判明)
オーソドックスだが頻繁にスイッチするし、コンビネーションもスムーズ。
右ジャブ、左右フック、アッパー、左ストレートに威力がありそうだ。
スタミナ面で難があったカニザレスと違い、これと言った穴がない。
ファイタータイプにワーッと攻め立てられると防戦一方になるが、アゴにいいのを食らっても、しれっとしている。
田口とすれば、優位に立てる面が少ないので、まずはバレラのボディーに狙いを絞った方がいいのではないかと思う。
激しい打ち合いが見られそうだが、田口は仕掛けるのが遅いと、またしても引き分けに持ち込むのが精一杯だろう。
ズバリ、判定でかろうじて田口の勝ちとみた。
<結果速報2017.7.23>
9Rレフェリー・ストップTKOで田口の勝ち。
田口の最高傑作じゃないか、これは。
1Rからバレラのボディーに狙いを絞って、一歩も引かずに攻め続けた。
バレラはやっぱりワーッと攻められると、守勢に回るね。
田口は私の考え通りのボクシングをしたね。

<矢尾板貞夫氏のコメントに異議あり 2017.7.24>
サンケイスポーツの記事なので、正確かどうかわからないが、矢尾板貞夫氏がこういうことを言っている。
コピペできないので、少し引用すると、「田口は本来はアウトボクサー、打ち気にはやったことは否めない」という部分だ。
これは、確かにそのとおりだが、今は矢尾板貞夫氏の時代と違って、世界戦は12ラウンド制。
15ラウンド制の時のように、悠長なことは言っていられないのだ。
しかも、どちらかに10点を原則として必ずつける、テン・ポイント・マスト・システムという採点法では、勝つためにはダウンでも奪わない限り、取ったり取られたりでは、最低、必ず2点差となる。
12Rのうち、判定で勝つためには、最低、7Rを取らざるを得ず、その時相手は5R取ったことになるから、(7✕10+5✕9)-(5✕10+7✕9)=115-113=2 だ。
ところで、序盤(1~4R)、中盤(5R~8R)、終盤(9R~12R)と分けて考えると、理解しやすいと思うので、それで考えてみよう。
序盤で2点リードするためには、4Rの内3Rを取らなければならない。
(3✕10+1✕9)-(1✕10+3✕9)=39-37=2
1Rからラッシュして、4Rの内3R取れれば、あとは、取ったり取られたりと拮抗してても、勝てるので、逆に序盤にリードされた方は、中盤か終盤どこかでラッシュして、残りの8R中6Rを取らなければ、逆転できない。
引き分けでなく勝つためには、4R相手より多く取らなければ、115-113にならないのだ。
序盤は相手の動きを見ていて、相手のスタミナが落ちてくる中盤から終盤にかけてラッシュするなどと言っても、相手は元気いっぱいでスタミナが全然落ちない場合だってあるわけだし、そんなことなら、仕掛けるのは早ければ早いほどいい。
と言うわけで、1Rからぶっ飛ばして、スタミナが切れる前にKOしてしまう方が楽。
田口は前回引き分け防衛の反省から、8Rまで持てば良いつもりで、リングに上がったと言う。
恐らく、それはバレラも同じだったろう。
こういう時には、最初に打ち負けたらダメなのだ。
田口は確かにアウトボクサーだと思うが、後にWBC同級世界チャンピオンになった木村悠を最強後楽園の決勝戦で6RTKOに破った試合など、今回のバレラ戦と同じで、最初からガンガンぶっ飛ばし、テクニシャンの木村を一蹴した。
これは、新時代のボクサーだなと思ったものだ。
田中恒成との統一戦は、年齢的なこともあり田口にとってリスクが多いが、バレラを打ち負かしたことは大きな自信となっただろう。

2.IBFミニマム級タイトルマッチ、ホセ・アルグメド VS 京口紘人
先にデータ比較しておくと、
アル:28才、右、身長160cm、リーチ164cm、24戦20勝(12KO)3敗1分け、KO率50%
京口:24才、右、身長161cm、リーチ162cm、7戦7勝(6KO)、KO率86%
体格的にはほぼ同じで、パンチ力は見かけは京口がスゴイが、実質はそう変わりないだろう。
キャリアもチャンピオンのアルグメドの方が上。
京口のいいところはパンチ力の他に、スピードがあって、コンビネーションが自在に打てることだ。
動画などを見ると、素晴らしい逸材だが、左、右、左、右、左・・・と、少々、ワンパターン。
勢いで京口が勝つかも知れないが、長引くとチャンピオンには勝てないだろう。
アルグメドは不利な予想の中で高山勝成に挑戦した時、「毎回、死んでもいいと思ってリングに上がっている」とか言った。
チャンピオンになる人間は、さすがに違うなと思った。
このスゴイ精神力を前にして、勢いだけで勝てるだろうか。
ちょっと、相手が悪いような気がするが、こういう相手を倒さなければ、チャンピオンにはなれない。
相手が死ぬ気で来るなら、こちらもそれに負けない気持ちでぶつかるしかない。
予想は、ズバリ、アルグメドの終盤KO勝ちだろう。
世界はそう甘くないように思う。
<結果速報2017.7.23>
3-0の判定で京口の勝ち。(116-111✕2、115-112)
9Rにダウンを奪い、激戦を押し切った。
確かに、プロ8戦目で勢いでタイトルKO奪取より、苦しみながらも判定でユナニマス・デシジョンで勝つ方が価値がある。
お見それしました。

2017年7月14日 / misotukuri

映画「シン・ゴジラ」に出てこないのはだーれだ度

 WOWOWで映画「シン・ゴジラ」(16年、日、庵野秀明&樋口真嗣監督、長谷川博巳、竹野内豊、石原さとみ他)を見た。
 普段は絶対見ない類いの映画だが、去年の日本アカデミー賞を取った作品と言うことで、せっかくだから見た。
 第一感、導入部はスピード感があってなかなかいい。
 だが、PF(ポリティカル・フィクション)化し始めるともういけない。
 ここまで、政治家及び官僚批判ができるなら、じゃあ、どうして憲法第9条を改正しようと言わないのか、他人のせいにするなよと思う。
 第一、PFをやるのなら、何故、あの人が出てこないのか。
 天皇だよ。
 はた迷惑な被災地訪問する天皇が出てこないのは、どーしてなのよ。
 さすがに政治家相手に揶揄するのとは、違うからか。
 上映自粛になって大赤字になるのを忖度して取りやめたのか。
 日本のPFで天皇を出さないと、リアリティがガクンと落ちるじゃないか。
 この映画を褒めちぎっている人が多いが、ホント、アホかと思うね。
 それに特撮も最低ではないにせよ、レベルが低い。
 腐った魚は目を見りゃわかると言うが、あのゴジラの目はどうにかならなかったのか?
 プッと吹き出したよ。
 レベル低すぎ。
 しかも、子ども向け映画ではないときた。
 じゃあ、何なのよ、これ。
 一番最初のゴジラを超える作品はやっぱり無理なのか。
 では。

2017年7月8日 / misotukuri

孫の言葉に感じ入る

今日、午後4時過ぎ、昼寝していると、電話がかかってきた。
携帯電話ではなく、黒電話に。
どうせ、セールスかなんかだろうと思ったら、楽しい家族旅行に出かけている息子からだった。
(孫の)Tがじいちゃんに電話したいと言うので・・・とかいうことだった。
孫が出て、もしもし・・・と言いあった後で、「どこにいるの?」と聞くと、「ここにいるの」と言う。
そうか、なるほど、と妙に納得していると、「じいちゃんもここに来て」と言うではないか。
まるで、私があの世にいて、現世にいる孫から呼びかけられているように聞こえた。
うれしいけど、そっちには行けない、でも、拒否するようでそうは言えない。
そこで、「またね」と言ったら、意味がよくわからなかったようで、何度も繰り返してくる。
「じいちゃんもここに来て」・・・「うーん、またね」・・・と。
もうすぐ3才になる孫は、最近、ようやく会話ができるようになったところ。
乏しいボキャブラリーと回らぬ脳みそで、大人の言うことを何とか理解しようとしている。
孫と接していると、人間というのはこうやって、この世界を認識していくのだなと思う。
孫はわが子とはまた違ったよろこびをもたらしてくれる。
自己愛の延長ではなく、深い愛と信頼で結ばれていることに変わりはないが。
一度、孫の名(迷)言集を作ってみようと思い、思い出しながらノートにつけたのだが、それをどこにしまったのか、思い出せないときた。

2017年7月6日 / misotukuri

ミゲル・ベルチェルトVS三浦隆司を予想する(結果付き)

 7月16日、WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ、ミゲール・ベルチェルト VS 三浦隆司があるが、あと10日と迫ったので、そろそろそろそろ勝敗予想をやってみよう。
 やはり、同じ日本人としては、三浦に勝って欲しいが、それはなかなか難しいだろう。
 何故かと言うと、データ的にあらゆる面でベルチェルトの方が三浦を上回っているからだ。
 これで三浦が勝つようなことがあれば、大感動ものだ。
 しかし、ボクシングでは結構そういうことが起きるので、当日はWOWOWの中継を見逃さないようにしたい。
 まずはデータ比較。
 ベ:25才、右、身長170cm、リーチ180cm、32戦31勝(28KO)1敗(1KO)、KO率88%
 三:33才、左、身長169cm、リーチ178cm、36戦31勝(24KO)3敗(2KO)2分け、KO率67%
 年齢は8才三浦が年長だが、決して有利な要素ではない。
 戦績は、データ的にはベルチェルトが上だが、中身の濃さでは三浦の方だろう。 
 これら以外では、スピード、連打、ジャブ、耐久力、防御、戦術、減量等の比較が問題だが、多分に評価は主観的なものなので、実際のところ、リングで相対してみなければよくわからない。
 <データ比較>〇・・・ベルチェルト有利、△・・・互角
 〇年齢・・・三浦が8才年長だが、決して有利な要素ではない。6対4でベルチェルト有利
 〇体格・・・身長、リーチほぼ互角。ベルチェルトは計量後の増量で、ライト級くらいになる
  戦績・・・これも経験の中身という点では三浦が上だが、まあやや有利というところか
 〇パンチ力・・・数字的にはベルチェルト、一発の威力では三浦だが、当てられるか?
 〇スピード・・・ベルチェルトが明らかに上
 〇連打、ジャブ・・・ベルチェルトが明らかに上
  耐久力・・・三浦の方があると思うが、被弾の差による
 △防御・・・両者ともうまくない
 △戦術・・・前試合を見た限りでは、両者とも攻めが単調で、意外性がない
 〇減量・・・若いだけにベルチェルトの方が難しそうだが、回復力もあるだろう。
 このように、ほとんどがベルチェルト優位を示している。
 10項目中、6項目がベルチェルト有利、2項目が三浦有利、2項目が互角。
 だから、順当に行けば、6対2で若きチャンピオン、ベルチェルトが勝つと思うが、やはり、穴があるので、三浦側とすれば、それを突いて、ベルチェルトの未熟さ若さを露呈させるように仕向けるべきだろう。
 ベルチェルトはあまり頭の位置が変わらないので、三浦とすれば一発を狙いやすいだろう。
 一発でも三浦のボンバー・レフトが決まるようだと、試合は一遍にひっくり返るが、まあ、その期待で三浦の試合を見るのだが、ズバリ、ベルチェルトの中盤KO勝ちだろう。
 三浦には、この予想をひっくり返して欲しい。
<結果速報 2017.7.16>
 三浦は初回にダウンを奪われ、終盤、左ボディー攻撃で追い上げたが、及ばなかった。
 ベルチェルトの判定(3-0)勝ち。
 採点は、120-109、119-108、116-111。
 8ラウンド以降、ベルチェルトは逃げ回っていたが、レフェリーはファイトを掛けることもしなかった。
 前座のコラレスVSカスティリヤノスの採点と同じく、ようするに、これがアメリカの採点なのだ。
 ダメージよりも当てたかどうかを優先する採点基準。
 ダメージの具合はボクサー経験がなければわからないが、当たったかどうかは素人でも見ればわかる。
 こういう悪しき傾向を是正するには、12ラウンドまででKO決着が付かない場合は、15ラウンドまで延長すればいい。
 それでも決着が付かなければ、両者の事前の取り決めにより、20ラウンドまで延長することにすれば、いいと思う。
 私の感想だと、116-111をつけたジャッジの採点が妥当だと思うが、それでも三浦の勝ちはない。
 10Rか11Rにもう一発ボンバー・レフトが当たれば、三浦の逆転KO勝ちかと思ったが、ついに当たらなかったね。

2017年7月3日 / misotukuri

東京都議会選の熱い風にKY区を考える

今年一番の猛暑日都議会選は都民ファーストの会が地滑り的大勝を収めた。
勝因敗因分析はこれから専門家による調査によって明らかになるだろうが、私が注目したのは、まずは最多定員の世田谷区だ。
定員8人中、自民3人、都ファ2人、公明1人、民進1人、共産1人が当選という結果。
うち、6人が現職で、自民の3人は全員現職、新人は都ファの1人だけで、民進の1人は元。
ここまで反自民の風が吹いているのに、このKY感は何だろう?と思う。
先の参議院選挙でも、安倍翼賛選挙のような風が吹く中、東北では民進党が多数当選した。
KYが読めないことは別に批判すべきことではないが、東北復興がなかなか進まないのは、民進(旧民主)党の地盤だからということもあるのではないか。
この世田谷区は、私には、都内では有数のリッチな人たちが住む区というイメージがあるが、むしろ、だからなのかな?
巨大な浮動票層の住む東京都だからこそ、そういう根を下ろした人たちの住む区というのは、KYと言われようが何だろうが、現職が圧倒的に強いと言うことなのだろう。
都ファでたった一人の落選者が出たところっていったいどの選挙区か?と思い、順に調べていったら、島部だった。
ここも自民党が取っている。
小池さんがどこかの島で街頭演説でもすれば、都ファになったかも知れないが、時間と金のパフォーマンスは良くないだろう。
だが、こういうKYの選択をする選挙区の住民たちの気持ちというのも、何となくわかるような気がする。
金持ちだろうと貧乏人だろうと、エリートだろうと非エリートだろうと、たぶん、時の主流に少し外れているという疎外感があるのだろう。
だから、自分たちの仲間と思える人に固執する。
いろいろ理屈はあると思うが、結局はそれだ。
しかし、これって、大変動がある時にはスケープゴートになりやすいのでは?
明治維新の頃の会津藩のように。
政治では、利害得失を見極める力が必要だ。
今回は、そういうことを考えさせられた都議選だった。
では。

2017年7月1日 / misotukuri

「不寛容の本質」のSo What ? 度

 昨夜、「不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか」(西田亮介著)読了した。
 これは非常に現代の若者に寄り添った議論をしている本で、私を含めオーバー30代の世代の人間には肯きがたい指摘もあるのだが、まあ、若年世代にはそう見えているのかなとも思う。
 最近、籠池加計問題で、安倍政権の支持率が急落しているが、さあ、これが一時的な現象で、何事もなく、再び上昇していくものなのか、それとも安倍政権の終わりの始まりなのか、この本で描かれた若者世代の動向が気になる。
 若年世代へ行くほど自民党支持が多くなるという現象が、自民党を支持すると言うより、安倍政権を支持しているということだろうと思うのは、この本が指摘するとおりだろう。
 30才までの若い人にとっては、デフォルトが安倍政権なのだ。
 なら、積極的に反安倍政権する理由がない。
 今日も、「厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月に比べて0.03ポイント上昇の1.48倍だった。上昇は2カ月連続。バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録した。(日経新聞)」ということもあり、取りあえず、今年の就職戦線も厳しさはあっても、なんとかそこそこ満足できるものだろう。
 これが安倍政権崩壊後、次の政権が誰の内閣にせよ、安倍政権ほどの安定感は持ち得ず、経済も先行き不透明度が増してくるのは確実で、それなら・・・と、他に選択肢がないからということになるのかも。
 昨夜の「朝まで生テレビ」を見ていても、籠池加計問題で、官邸か官僚かどちらが信頼できるかという話だったと思うが、視聴者のアンケートでは大幅に官僚が信頼できる方が多かった。
 これなんかも、世代ごとの分析が欲しいところだ。
 どちらも信頼できないというのが一番多いのではと思ったが、国民大衆はそこまでひねくれていないようだった。
 それにしても、この本、いちいち統計図表を指し示して、それが示唆する結論を言うのだが、少々、ウザい。
 と言うのも、そもそも統計図表の信頼性を読者は気に掛けるだろうか?という疑問がするからだ。
 読者は得心できる結論を求めている。
 説得力は図表ではなく、文章だと思うのだな。
 その意味で、今の社会が不寛容になっていると言うのは、感覚的なことだから、統計を取るタイミングによって全然違ってくるものだし、そういう統計もあるとだけ言えば良いことで、So What?なのだ。
 もっと寛容な社会がいいと思うのか、あるいはもっと不寛容な社会がいいと思うのか、その根拠は?というところまで詰めないと、So What?と言われてもしかたがない。
 だが、そこまで詰めると、特定の価値観を宣伝することになり、社会学者と言うより社会思想家になってしまうのかもしれない。
 しかし、そこまで踏み込まないと、世の中に物議は醸せないし、本も売れないだろう。
 自分が見たいものしか見ようとしない大衆に、現状を指し示すだけでは不十分ということを教えてくれる本だが、世代ギャップに悩んでいる人間には一読の価値はあるだろう。
 では。